SSブログ

黄金色の湿原【2】 [尾瀬ケ原]

00.jpg

天気予報では雨は降らないが朝から曇りの予報が出ていた。いつもなら撮影を済ませてからゆっくり朝食をとるパターンなのだが,今回は見晴に宿泊している関係上,しっかり昨夜の内に朝弁当を受け取り,早朝の出発に備えた。

1.jpg
【霜が降りてもおかしくない気温だが,湿原内の草や木はしっとりと朝露に濡れていた】

しかし,天候は急速に下り坂になってしまい,出発を予定していた5時頃,窓から見る尾瀬ヶ原は,朝靄が出ているもののどんよりとした雲が低く垂れ込めていた。部屋でのんびりしていても仕方がないので,予定通り早々に小屋を後にする。天気は良くなかったが,せっかく来たのだからとドローンを飛ばしたり,接写をしたりしながらゆっくりと山の鼻に向かう。

2.jpg
【しっとりとした空気に包まれた朝を迎えた尾瀬ヶ原(空撮)】

ところが,歩いている内に徐々に雲が薄くなり,時折,日が射し始めた。ヨシッポリ田代につく頃,突然朝の光が湿原を照らした。朝露にびっしょりと濡れた樹木や高山植物に付いた小さなしずくが光の球となってこぼれ落ちる・・・。諦めていた気持ちがここに来て一気に切り替わり,何度も何度もシャッターを切る。

3.jpg
【一瞬の光が朝露で濡れた湿原を照らすと,空気感が一変する】

のんびりと朝食を食べていたら間違いなく見逃したであろう短い時間だったが,とても充実した瞬間だった。その後も,乾き切った風が吹き抜ける湿原に,時折日が射す天候に変わったが,朝の瑞々しい空気とは明らかに違っていた。

4.jpg
【爽やかな朝の息吹に包まれて,清々しい一日のスタートが切れた】

東電小屋のベンチでゆっくりと朝食をとる。ふと辺りを見回すと,尾瀬を取り囲む山々は,間違いなく昨日よりも秋の色に変わっているように感じた。十日もすれば,全山燃えるような鮮やかな色に包まれるに違いない・・・。その時もう一度訪れられたらいいなと思った。

5.jpg
【日に日にその色を濃くするトチノキ】

今日は土曜日。「Go To Travel」のキャンペーン等の影響か山の端からは次から次へと多くの登山者とすれ違った。未知のコロナに対する試行錯誤の対応は山小屋にも求められ,尾瀬の日常は今までの尾瀬とは少し異なってはいるが,あたり前に繰り返されていた尾瀬の日常が戻る日もそう遠い日ではないかも知れない。
【空撮に当たっては,国交省DIPS・FISS登録,関係機関への連絡調整済みです。】

6.jpg
nice!(17)  コメント(2) 

黄金色の湿原【1】 [尾瀬ケ原]

0.jpg

【2020年10月2日(金)】[快晴]
自粛疲れもあり,歩くことにどんどん後ろ向きになっていたが,ネットで見る秋の尾瀬の光景が,重くなった腰をやっと上げさせてくれた。

1.jpg
【今年はいつもよりも早く樹林帯の紅・黄葉が進みそうである】

いつもよりも早めの出発に拘り鳩待峠に着いたのは午前7時。黄葉にもやや早く,平日ということもあって鳩待峠も閑散としていた。至仏山の全体は見えないが,天気の崩れを心配する必要もないくらいの青い空が広がっている。

2.jpg
【湿原の草紅葉は絶好調・・・ 今が見頃だ】

一足先に鮮やかな色に染まったツタウルシやトチノキ。さらに他の木々も僅かに色付き始めている。温暖化の影響で紅葉の時期は年々遅れているが,今年は昨年よりも少し早そうだ・・・。

3.jpg

4.jpg
【いつもなら霜でチリチリになっているヤマドリゼンマイも今年は見応えがある】

しかし,いつもは賑やかな小鳥の囀りもなく,聞こえるのは乾いた風に乗って運ばれる枯葉の擦れ合う音だけである。秋の華やかさとは裏腹に,一抹の寂しさを感じさせるのはこうした静けさも一因なのだろう。

5.jpg
【木道工事の音が遠くに響く・・・ この音も秋の到来を感じさせてくれる音だ】

今シーズン最初で最後の賑わいを見せる山の鼻を後にして研究見本園に向かう。賑わいとは無縁の静かなベンチにザックを下ろし,湿原を吹き抜ける風に揺れるダケカンバの黄色い葉を眺めながら至福の朝食をとる。

6.jpg
【見晴地区の山小屋もコロナの影響で開いているのは3軒。その営業も間もなく終わる】

その後は気儘に写真を撮りながら宿泊先である燧小屋に向かう。風も雲もない絶好の空撮日よりのハズだがやはり,何もないと説明的な写真にしかならない。むしろ,まだまだ強い光越しに見るヤマドリゼンマイが綺麗だ。

7.jpg
【秋の夕陽により赤く染まる湿原】

一旦,荷物を宿泊先の燧小屋に置き,必要な機材をザックに詰め小屋を出る。流石にこの時間歩き回っている者はいない・・・。雲なし,霧なしの変化に乏しい撮影だったが,取りあえず撮影を済ませて小屋に戻り,消灯までの間のんびりとする。

8.jpg

9.jpg
【樹木が長い影を湿原に落とし始めた・・・ そろそろ小屋に戻ろう。】

【空撮に当たっては,国交省DIPS・FISS登録,関係諸機関への連絡調整済みです。】
nice!(14)  コメント(0) 

梅雨空の下の尾瀬縦断【2】 [尾瀬ケ原]

001.jpg
【朝靄に包まれた湿原と拠水林】

7月21日(曇り時々雨)
尾瀬とはいえ湿度も高く,機能は非常に寝苦しかった。こんな朝は間違いなく濃霧に覆われるはずだが・・・ 部屋の窓から外を確認すると,やはり外は一面の朝靄に覆われていた。上空はピンクに色づいた雲も出ている。曇りや雨のマークが並ぶ予報に嫌気がさし諦めていたが,案外いい条件なのかも知れない・・・。

002.jpg
【平滑の滝と朝の尾瀬ヶ原】

必要な機材を持って散歩に出かける。熊の気配はないかとビクビクしながら,朝靄に包まれ墨絵のようになった周囲の森林を撮影する。しかし,徐々に朝靄が移動すると変化の少ない景色に変わった。これなら遠くまで足を伸ばす必要もないなと小屋に戻り,早めの朝食をとる。

003.jpg
【カキラン】

SNSで知り合いだった方がまさかまさか受付にいらっしゃたのでちょっと談笑し,東電尾瀬橋経由で見晴に向かう。やはり早朝の空気をいっぱい吸いながら歩くのは気持ちがいい。途中の赤田代分岐からドローンを飛ばす。まさかとは思ったが,ここからでも三条の滝の写真が撮れたのには驚いた。
ラン街道を歩いていると前から環境省の職員が・・・ 中には懐かしい安類さんの顔があった。仕事中のため簡単にあいさつを交わして先を急ぐ。

004.jpg
【バイケイソウ】

見晴に着いたので小休止。弥四郎清水で冷たい水を補給する。この温度差がたまらない・・・ しかし,ぐるりと見渡すといくつかの山小屋や休憩所が閉鎖され,秋のような寂しさを感じた。再び蒸し暑い登山道をゆっくりと進み只管歩くと思いの外早く沼尻に着いた。休憩所デッキによじ登り,ここからドローンを飛行させる。沼尻にはびこる藻が綺麗だ。この日は小雨が時折降っていたが,登りで火照った体にはちょうどいいお湿りとなった。

005.jpg
【ヒツジグサ】

昼食をとりゆっくりしてから,一番期待していた大江湿原に到着した。しかし,ニッコウキスゲは昨年よりも少なく,見頃もやや過ぎていたようだが,風に飛び立つ前のふわふわした状態のワタスゲも見ることができた。

006.jpg
【夏の沼尻付近は藻があたりを覆い独特の光景を作り出している】

この日も早めに長蔵小屋にチェックインして部屋で寛いでいると,昨日と同じように雨が落ちてきたため夕方の撮影は諦めのんびりと夕食を待った。この日の宿泊客はなんと4人。談話室で夕食をとることになった。長蔵小屋に何度も宿泊しているがなかなかない貴重な体験となった。

007.jpg
【大江湿原にて。辛うじて残ったワタスゲとキスゲのコラボ】
nice!(10)  コメント(0) 

梅雨空の下の尾瀬縦断【1】 [尾瀬ケ原]

01.jpg
【上田代の池塘もたくさんのあ雨で水が豊富だった】

 先日,2泊3日で今年初めて尾瀬に行ってきました。その時の様子を日記風にまとめました。

7月20日[曇り時々晴れ]
非常事態宣言は5月下旬に解除され,少しずつではあるが以前の生活に戻ろうとする試みが始まった。尾瀬の山小屋もしばらく営業を見合わせていたが,コロナ対策を実施して7月から限定的に営業を再開するところも出てきた。出かけることが憚られる状況ではあったが,尾瀬に行きたい気持ちは募る。

02.jpg
【時折射し日差しが湿原の上を移動する様子は感動的だ】

しかし,悪いことは続くものである。今年の梅雨は長く,そして多雨である。これもまた温暖化の影響らしいが,年々加速度的に破壊力を増している。天気予報を見ては一喜一憂し,良い天気を見計らっていくことはほとんど不可能に近い。ならば,欲張らずに尾瀬を歩くことだけを主眼を置き出かけることにした。

03.jpg
【オニシモツケ。一つ一つがはじけて線香花火のよう・・・】

第一駐車場に車を駐めタクシーの出発を待つが,客は集まらず発車。一人だけのマイクロバスは閑散とした鳩待峠に着く。平日ではあるが,まだ,旅行自体敬遠され,自粛している方が多いのも事実である。

04.jpg
【ミヤマシシウド。こちらは上空でぱっと開いた打ち上げ花火のようです】

久しぶりの山歩きである。自粛生活を続け,暫く運動を怠けたこともあり,無理はできないので時間的に余裕のある計画を立てた。雨に濡れ滑りやすい木道で転倒しないように慎重に歩く。木漏れ日が漏れる林道を歩いていると,多くの野鳥の声が森に響く。蒸し暑さにふと足を止め,すっかり緑色に変わった林内を見ていると,季節は大きく移ろってしまった事を思い知る。

05.jpg
【既にキンコウカが見頃を迎えた研究見本園】

山の鼻のベンチでも数人が休んでいるだけである。薄い雲を通して陽も射しているが,比較的強めの風が拭き抜け心地よい。見本園のベンチに荷物を置き,ゆっくりとお茶タイム。湿原には既にたくさんのキンコウカが鮮やかな黄色い花を咲かせ,池塘では真っ白なヒツジグサが風に揺れていた。まだ梅雨は明けていないが,季節はすっかり夏である。

06.jpg
【ヒツジグサも咲き出して,湿原はすっかり真夏の様相です】

時折,青空が覗く空から湿原に光が落ちる。この先,晴れ間なんて期待できないかも知れない。撮れるときに撮ろうとドローンでの空撮を試みる。今回はMAVICAir2のデビューだ。MAVIC2と変わらない性能に大満足。ここで昼食をとる。

07.jpg
【キンコウカ。ちょうどいい時に訪れることができました】

尾瀬ヶ原のニッコウキスゲはシカの食害が酷くなってからはほとんど期待していなかったが,昨年から設置している柵の効果は絶大で,柵内は思いの外たくさんのニッコウキスゲが咲いていた。尾瀬ヶ原も嘗てのような姿を取り戻すのもそう遠くない日なのかも知れない。東電小屋に到着し,一番風呂をいただき部屋で寛いでいると,凄い音を立てて夕立となった。早めに小屋について良かった。

08.jpg
【夕立ちでかすむヨシッポリ湿原】

【空撮に当たっては関係諸機関の許認可を得て撮影しております】
nice!(10)  コメント(0) 

尾瀬を彩る秋の競演【2】 [尾瀬ケ原]


【今回の滝の空撮映像のダイジェスト版です。
 編集には時間がかかるのでとりあえず30秒にまとめたものをUPしてみました。】

 陽が沈む頃までは秋晴れの爽やかな一日だったが,急速に雲が広がり全天を覆う。ミニオフ会が終わる頃確認したが状況はそれほど変わらず,安心して?休むことが出来た。深夜に目が覚め,外を確認すると綺麗な月傘が出ていたのでカメラを持ち出し数枚撮影したが,それほど条件が良くなかったので,すぐに部屋に戻って寝ることにした。この時期日の出は6時前後,いつもよりもかなりゆっくり出来るのはありがたい。

00.jpg
【寝ている間に天候も回復して月の周りには傘が架かっていました】

 朝起きると状況は昨夜よりも悪化。低い雲が垂れ込め,燧ヶ岳も至仏山も山頂付近は雲に隠れ見ることが出来ない。そんな時でも散歩がてら荷物を持って湿原内を歩かないと落ち着かないのがカメラマンの悲しいサガ。ウロウロしていると燧ヶ岳の山頂が見えてきたのでもしやと思い,イモリ池に向かうが,やはり雲の勢いに勝てずそのまま撃沈。小屋に戻る。

1.jpg
【「平滑の滝」。周囲の紅葉が丁度見頃を迎え鮮やかです。】

 やはり収穫がなかったと見え,尾瀬仲間も早めに引き上げてきて,特に時間を指定したわけでもないのに,いつの間にか揃って朝食の席に着いていた。食後,今年最後の龍宮コーヒーを味わいながら,たくさんの尾瀬仲間と語らい,楽しい時を過ごした後,龍宮小屋を後にした。

2.jpg
【平滑の滝の最下部に行くといわゆる滑め滝ではなく落差のある滝もありました。】

 さて,この日の最大の目的は,昨年ケガで実現できなかった尾瀬の滝を空撮すること。
紅葉も滝の周辺は丁度良さそうなので撮影するにはありがたい。撮影の時間をたっぷり取りたくて早めに移動する。滝を撮影して帰りたいというてばまるさんが途中から合流して一緒に滝の撮影をする。平滑の滝や三条の滝周辺の紅葉は絶好調。ここで光が射せばより鮮やかになるのに残念で仕方がない。

3.jpg
【「三条の滝」遠望。この時期は水量は減るのですが,今回は多めでした。】

 両滝とも崖や高い樹木に包まれているため電波状態は極めて良くない。GPS信号を拾えないと実質的に撮影できないのであまり条件的に良いとはいえないし,川幅が狭いのでかなり制約がある。しかし,様々な番組で紹介される滝の映像を見るにつけ,今まで目にすることの出来なかった画像を撮りたいとの思いが強くなり,慎重にドローンを飛行させる。ただ慎重になりすぎたり緊張したりするあまり,撮影し損ねたりひやっとしたりする場面が何度もあったりするなど撮影中は緊張の連続だった。

4.jpg
【三条の滝の滝口を真上から落ちていくしぶきの粒まで分かります。】

 三条の滝の撮影を終え,兎田代に向かう急峻な道を越える。いつもの燧裏林道に戻るとちょっと一安心。そして,昨日,渋沢の大滝を撮影したというてばまるさんに確認しながら,紅葉に包まれた渋沢の大滝の撮影も実現させることができたのは大きな収穫だった。今となってはそのルートも荒廃し,たどり着くことさえ困難で幻の大滝になりつつある渋沢の大滝が撮れた喜びは大きい。

5.jpg
【三条の滝。かなり高度を下げて撮ってみました。しぶきが凄いのですぐに退散・・・】

 最後はいつも以上にヘロヘロになりながら御池に着いた。この辺も紅葉真っ盛りで,日差しがあったらもっともっと綺麗だろうなとしみじみと味わいながら車を走らせた。途中,モーカケの滝に寄り道をして,燧の湯に浸かってから帰宅した。

6.jpg
【今や幻になりつつある「渋沢大滝」。登山道を整備して欲しいです。】
nice!(15)  コメント(0) 

初秋の風に乗って・・・ [尾瀬ケ原]

動画を久しぶりに編集してみました。
9月26~27日 アヤメ平~尾瀬ヶ原を歩いてきた時の空撮動画です。
ちょっと長めですので,お時間のある時にご覧ください。
今年撮影した動画がたくさんたまっていますのでそちらも随時編集し公開いたします。


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

秋深まる尾瀬へ【2】 [尾瀬ケ原]

00.jpg
【拠水林に漂う朝靄も朝陽を浴びると激しく動き出す】
[空撮に当たり関係諸機関の許可を得て,各種法令遵守の上,飛行・撮影しています]

数日前からNHKの取材班が撮影に入り,ドローン等を使って8Kで尾瀬を撮影していた。以前の取材で知り合ったカメラマンも尾瀬入りしていて,明日は下の大堀付近で撮影するというので,ここで撮影の邪魔にならないように他の場所で撮影することにした。

02.jpg
【太陽の昇る位置もかなり南の方になりました】

木道には霜が降りて真っ白だ。昨日の濡れた木道で懲りたので,滑り止めを装着して出かけると既に花見さんが三脚を立てて撮影を始めていた。周辺を歩いて霜の様子を確認する。樹木の天辺まで真っ白になっていないので大霜とは呼べないかな・・・。

04.jpg
【白い虹を少し高い場所から】

ヨッピ橋方面に向かうと,どんどん朝靄が濃くなり,至仏山や目の前の景鶴山さえもぼんやりとしか見えないが,朝陽を浴びて山頂付近が紅く染まっているようだ。湿原に目をやるとチリチリになったヤマドリゼンマイや小灌木も霜で綺麗にデコレーションされ,華やぎを取り戻して生き生きとしていた。

06.jpg
【尾瀬ヶ原は一面霜が降りたようで真っ白です】

時間とともにどんどんと光が降りてくる・・・ 真っ白だった湿原の一角に光が溢れ,そこを中心に周囲が明るくなる。この時を待ってドローンを上空へ飛ばす・・・。初めは真っ白だが,朝靄の上に出るとモニタに映る光景が一変する。朝陽を浴びて輝く紅葉間近の森,真っ赤に染まりながら揺れ動く朝靄,ブロッケンとそれを取り囲む白い虹・・・どれを見ても息をのむ光景だ。

08.jpg
【地上では,真っ白な湿原の一角から朝日が昇ります】

幻想的な上空の光景に酔いしれていると,いつしか湿原にも光が舞い降り,目の前に白く大きな半円の弧を描いた。ドローンを一端ホバリングさせ,デジイチで白虹を撮影。嬉しい忙しさだ。時間がいくらあっても足りないくらいだが,白虹が長い間出続けてくれたので上空と地上からその姿を何とかカメラに収めることができた。

10.jpg
【朝靄が濃く,地上には霜が降り,色彩のないモノトーンの世界が広がります】

時間とともに,霜に覆われて真っ白だった湿原も徐々に草紅葉の湿原に戻っていく。その溶けた霜が滴になってゆらゆらと朝日に輝いている様子もまた綺麗だ。湿原に取り残された朝靄,日陰に残る霜と草紅葉の対比も面白い。しかし,時間とともに早朝の輝きが消え,いつもの湿原に戻っていく。

12.jpg
【徐々に朝靄が上がり,朝のドラマも終盤を迎えます】

一息ついたので小屋に戻って朝食の時間にした。ちょうど食事中だった花見さんや和風子さんとまた一緒におしゃべりをしながらの朝食になった。朝の撮影が充実していた時の朝食は格別である。予定では尾瀬沼でもう一泊してから下山する予定だったが,台風の影響による天気の悪化が早まったので早めに帰ることにした。小屋主さんを交え尾瀬仲間のオフ会さながらの楽しいやりとりもあって出発はいつもよりもさらに遅かった。

14.jpg
【かなりの霜が降りヤマドリゼンマイや小灌木も綺麗にデコレーションされていました】

穏やかな秋の尾瀬に浸りたくて長沢の湿原の片隅に立つ。シーズンオフ前に仕上げようと忙しそうに進められる木道工事の杭を打つ音が遠く響く。水量が少なくなった長沢の清流の音に混じって,風にこすれる木の葉の音が涼しく響く。突然,周囲が賑やかになる。シジュウカラの群れだろうか・・・時間の経つのも忘れてのんびりと時間を過ごす。台風が接近しているなんて想像できないくらいの雲一つない秋晴れの空の下,鳩待峠までゆっくりと下山した。

16.jpg
【今朝の冷え込みで紅葉も一気に進んだようです。昨日よりも明らかに色づいています】

18.jpg
【目映い紅葉のトンネルを歩く】
nice!(14)  コメント(2) 

秋深まる尾瀬へ【1】 [尾瀬ケ原]

00.jpg
【アヤメ平の崖の紅葉も見頃になりました】

例年尾瀬の紅葉が見頃となるのが今頃だが,今年は明らかに紅葉の進み具合が遅れている分,それまでの期間が長く,寧ろゆっくりした変化を楽しめている。
紅葉もそろそろ見頃を迎え,絶好の行楽日和となるはずの3連休だったが,巨大台風の接近で週末は大荒れの予報のため,予定を前倒しして出かけることにした。

02.jpg
【アヤメ平付近の上空から,思っていたほど紅葉は進んでいません。】

紅葉が遅れているのはどこも同じだが,日光での交通渋滞に巻き込まれるのを避けるためいつもより早く自宅を出発したので鳩待峠到着は午前8時。平日にもかかわらず,久しぶりの晴天とそろそろ見頃を迎える紅葉目的の登山者で鳩待峠は賑わっていた。
最初に目指すのは今回もアヤメ平。前回の尾瀬から10日経ち,遅れていた紅葉もそろそろ見頃を迎えているだろうとの判断からだ。

04.jpg
【上田代まで飛ばしてみました。ここは樹木の紅葉はそれほど進んでいません。】

直前まで降っていた雨の影響で登山道はあちこちにぬかるんでいる。厄介なのは濡れた木道だ。
利用者の少ないルートで木道自体の更新も遅れているため苔が生え非常に滑りやすい。登りだからと滑り止めを付けずにゆるゆると登る。

06.jpg
【今年は寒暖差が大きいからなのか,紅葉が鮮やかです。】

横田代に出ると,秋晴れの空が広がるが横殴りの強い風が吹き抜ける。途中の中原山に向かう木道は更新工事が急ピッチで進められていた。
アヤメ平について昼食をとりながら風が収まるのを待つ。少し風が収まったのでドローンを飛ばす。
アヤメ平の小灌木は丁度紅葉の見頃を迎えていた。

08.jpg
【ヤマドリゼンマイの紅葉は完全に見頃を過ぎていました】

風もまだ強いのでちょっと不安もあり,1度だけのフライトにとどめ急いで長沢新道を下る。
滑りやすい木道で一度だけ派手に転んだもののあちこちが紅葉した森の中を歩くのは楽しい。気付くと龍宮十字路へ着いた。

10.jpg
【ススキの穂が揺れる尾瀬ヶ原。晩秋の雰囲気が漂う。】

龍宮小屋で受付を済ませて,必要な機材だけ持って尾瀬ヶ原に向かう。明日は尾瀬沼に向かうつもりだったので尾瀬ヶ原の様子を空撮しておきたかったからだ。ヤマドリゼンマイの紅葉も楽しみにしていたが,既に葉は茶色く変色し,チリチリになっていた。

12.jpg
【池塘の周りは紅葉の進み方もゆっくりめ・・・】

平日と言うこともあり,木道の付け替え工事や橋梁工事もシーズンオフに向け,急ピッチで進めているようで,何度もヘリが行き交う。
撮影を終え小屋に戻る途中,写真教室に参加のために来ていた花見さんと和風子さんとオフ会以来の再会を果たす。今日は龍宮小屋に宿泊のようだ。
三人で楽しく夕食後,部屋に戻ってのんびり過ごし,消灯後に月の光に佇む湿原の様子を写真に収めて,この日の撮影は切り上げた。

14.jpg
【寝る前に夜霧が漂う湿原を月光を頼りに歩く】
nice!(11)  コメント(4) 

草紅葉輝く尾瀬を巡る【2】 [尾瀬ケ原]

AAA.jpg
【朝靄の中を進む光が光芒を作り出す。朝ならではの幻想的な光景が広がる。】
[空撮に当たり関係諸機関に連絡し,各種法令遵守の上,許可を得て撮影しています]

少しだけ早起きして,ほんの少し小高い見晴から見ると尾瀬ヶ原一体は朝靄の一団に覆われていた。これなら,白い虹が出るかも・・・。山小屋の開いている時期なら朝食はお願いしていなかったので早々に小屋を出て龍宮十字路に向かう。途中で龍宮小屋に宿泊しているという知り合いのカメラマンに出会う。

BBB.jpg
【上空からの白虹。ドローンの影を中心としたブロッケンの周囲を大きな白虹が囲む】

幻想的な朝靄が漂う龍宮小屋付近。朝靄に包まれて日の出近くなっても空の様子はよく分からないが,目を凝らして見ると至仏山や景鶴山の山頂は朝陽を浴びて光っている。朝陽が降りてくるのを待って上空からの撮影を試みる。朝靄の上に出ると景鶴山や至仏山が朝陽を浴びて紅く輝いていた。

CCC.jpg
【朝のドラマも朝靄が消えてきてそろそろ終盤】

眼下に広がる朝靄の隙間から見える草紅葉や色付き始めたダケカンバ。朝靄の中を突き進む光芒。朝陽を浴びて激しく動き回る朝靄・・・。ドローンの影の周りにできるブロッケンの光輪とその周囲を取り囲む大きな白い虹。神秘的で幻想的な光景が目の前に広がる・・・。

DDD.jpg
【朝靄漂う湿原。ドローン操縦と地上の撮影ととにかく忙しい・・・】

しかし,朝靄に阻まれるせいなのか,通信システムの不調なのか時々画面が途切れ,動作が不安定になり,その対応に追われ落ち着いて撮影できない。朝の早い時間にヤマドリゼンマイの撮影をしておきたかったので,ドローンでの撮影を早めに切り上げ,ヤマドリゼンマイの群落地に向かう。

EEE.jpg
【冷え込みでチリチリになることもなく綺麗に色づいたヤマドリゼンマイ】

霜や冷え込みによるダメージが心配されたヤマドリゼンマイは,ここ数日の冷え込みの影響を受けることはほとんどなく,綺麗に色づいた葉を一杯に伸ばしていた。透過光で見る紅葉はより一層鮮やかだった。慌ただしく時間が過ぎ去り,この日一番の朝のドラマの撮影を終えた。

FFF.jpg
【ヤマドリゼンマイの緑から黄色,さらに赤へのグラデーションが美しい。】

今日も朝から雲一つない快晴。穏やかな一日が始まった・・・。昨日は時間がなくて立ち寄れなかった龍宮小屋に顔を出し,小屋主さんと談笑する。橋梁や木道の工事関係者の宿泊のため,かなり混雑しているようだが,宿泊者は目的地に向かい清掃も始まっていたので,朝のコーヒーを飲みながらまったりと羽を伸ばした。

GGG.jpg
【草紅葉は既に見頃を迎えている尾瀬ヶ原をちょっと上空から。】

1時間以上,時間を過ごし,SNSへの投稿なども行った。相変わらず雲一つない天気で,空から降り注ぐ日差しは強烈だが,湿原を吹き抜ける爽やかな風に吹かれながら鳩待峠に向かった。尾瀬ヶ原を取り囲む周囲の山々の色付きはまだこれからだが,尾瀬のシーズンもあと残り1か月程度。昨年,撮りきれなかった最盛期の尾瀬の秋をもう少し撮影しておきたいものだ。

HHH.jpg
【草紅葉の紅葉が進む上田代付近を空撮してみました。】
nice!(12)  コメント(4) 

巡る季節の中で【2】 [尾瀬ケ原]

0.jpg
【朝陽を浴びて,より一層秋色が深まる湿原】
[空撮に際しましては,関係諸機関への連絡・調整・届出等を行い,許可を得ております]

やや雲が多いものの,月が沈む夜半には回復するという予報を信じて2時頃に起きて小屋の外を眺めるのはいつものおきまりの行動パターン。しかし期待に反して雲は多いまま。星の撮影はできないと諦めてまた部屋で横になる。

4.jpg
【東の空のオレンジ色に光る雲の切れ間から燧ヶ岳が顔を出す】

撮影準備の物音で自然に目が覚める。4時30分。相変わらずどんよりとした雲が空を覆い尽くし,周囲は薄暗いが,先に外で待機する尾瀬仲間を追って外に出る。

1.jpg
【朝日を浴びて,眠たげな湿原もやっと目覚めたようだ。】

日の出の時間になっても雲の消える気配はない。おまけに風も強く,朝靄に包まれるような気象条件にはほど遠い。いくら待っても今日はだめかなと思い,朝食の時間までぼんやり過ごすつもりでいると,所々上空の雲が切れ,そのエリアを広げていく。

2.jpg
【今年は気温が高いせいか,いつもよりも草紅葉の進行は遅れているようだ。】

東の空に広がった雲の切れ間から時折燧ヶ岳が顔を覗かせる。劇的ともいえるほど急速に雲が動き出し,時折湿原に光を落とす。その光がスポットライトとなって,ダケカンバを照らす・・・。この光景を見た時,今朝は飛ばすことはないと思っていたドローンを離陸させた。

3.jpg
【青空と白い雲を写す初秋の池塘と湿原】

スポットライトはあちこちに動き回っていたが,その明るいところを目指して飛行させた。朝の斜光線に浮かび上がる初秋の湿原。拠水林もダケカンバも長い影を落としていた。短い時間だったが,朝の光が幻想的な光景を見せてくれた。ドローンが戻る頃にはまた雲が多くなったので朝食をとるために小屋に戻る。

5.jpg
【地上ではあちこちに光が動き,やがて目の前のダケカンバにスポットライトが当たる】

いつもよりも早い時間,それもほとんどのメンバーが顔を揃えての朝食は珍しい・・・。(^^;
食後のコーヒーを戴きながら,ゆっくりとした時間を過ごす間も外の天気は急速に回復していった。気付くといつの間にか,風は強いものの,ほとんど雲のない晴天となっていた。

6.jpg
【ヤマドリゼンマイの黄葉もまだまだ。このまま暫く霜が降りなければ良いのだが・・・】

小屋の前でいつもの記念撮影を済ませた後は,山ノ鼻小屋で一緒に昼食をとることにして,それぞれ思い思いのルートで下山となった。ボクははじめはヨッピ橋経由で帰ろうとしたが昨日通らなかった下の大堀を経由することにした。じりじりと刺すような強烈な太陽の日差しは今日もあるが,昨日以上に爽やかな乾いた風が湿原を吹き抜け,心地よい。
初秋の風景をカメラに収め,山の鼻小屋でオフ会のメンバーと昼食をとり解散となった。

7.jpg
【初秋と言うには若干早い気がするほど,暑い2日間だった。】

nice!(15)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。