So-net無料ブログ作成

尾瀬を彩る秋の競演【1】 [尾瀬沼]

0.jpg
【紅葉の見頃を期待したけれど既に後半戦。カラマツが綺麗に色づいていた。】
[空撮に当たっては関係各種に連絡し許可を得て撮影しています]

あちこちのSNSを訪問すると,鮮やかな紅葉に包まれた尾瀬の光景が溢れていた。昨年,ケガのために紅葉に包まれた平滑・三条の滝を撮影することが出来なかったので,今年はこれだけは撮りたいとこの日を待った。何とか天気も回復しそうな週末,山小屋に予約を入れた。今回は尾瀬沼から尾瀬ヶ原に入り,滝めぐりをして燧裏林道のブナの紅葉を見る計画だ。

1.jpg
【尾瀬沼の紅葉も所々綺麗なものがありますが,既に終盤を迎えている】

紅葉狩りの行楽客で混雑すると到着が大幅に遅れることを見越して,前回同様早めに出発したが,高速道路も途中の道の駅の混雑もそれほどではなかった。3時間以上運転して着いた御池。遅れ気味とはいえ,まだ紅葉シーズンの真っ最中。混雑していると思ったが駐めている車は50台ほど。ちょっと拍子抜けだ・・・。

2.jpg
【三本カラマツの黄葉が丁度良い色合いだった】

直前まで雨が降っていたため,道路も森もしっとりとした空気が満ちる溢れている。重い撮影機材を背負いバスに乗り込む。乗客は30名ほど。出発する頃には雲も切れ青空も顔を出すようになった。そこから時折光が漏れ,紅葉が最高潮に達したブナ林を照らすと言葉で言い表せないくらい美しい。燧ヶ岳の山頂が顔を出してくれたのも嬉しい。

4.jpg
【夏にはたくさんあった藻がまだはびこり,良いアクセントになっていた】

バスから吐き出された人について,木道にたくさん敷き詰められた落ち葉を踏みしめながら沼山峠に向かう。油断すると滑るので慎重に・・・。通行には支障がないようにきちんと管理されているが,台風の影響は明らかで,森の中には倒木があふれていた。

5.jpg
【沼尻上空には不思議な雲が・・・】

すっかり晴れ上がった大江湿原に出て,思いっきり空気を吸い込む。遠くに見える三本カラマツもちょうどいい具合に黄葉していた。尾瀬沼の紅葉はもう終盤かぁ。紅葉のピークに訪れたかったが,そのタイミングというのは1・2日ぐらいしかないのかも知れない。気まぐれな秋の天気と相まって,つくづくよい条件で紅葉を見る難しさを感じた。

6.jpg
【尾瀬ヶ原に近づくと綺麗な紅葉がたくさんあった。】

尾瀬沼の晩秋の様子を空撮したくて何度かドローンを飛ばした後,少しだけ長蔵小屋付近を散策して沼尻に向かう。沼尻休憩所は既に今年の営業を終え,閑散としたそのテラスの上で登山者が思い思いに休んでいた。尾瀬沼の周辺は尾瀬ヶ原よりも落葉樹が少なく,紅葉という点ではちょっと物足りない。

7.jpg
【ブナの多い燧裏林道に続く道。やはりブナの紅葉は綺麗である】

すっかり天気も良くなり,森の中にもたくさんの光が溢れている。尾瀬ヶ原は尾瀬沼よりも200m高度が低い分,紅葉の時期も若干遅いため,尾瀬ヶ原に向かって行くと徐々に紅葉が色鮮やかになるのが分かる。しかも,太陽の光越しに紅葉を見ることになるので,まるでステンドグラスか木の葉のスライドショーを見ているような感覚だ。何度も立ち止まり,スマホやカメラを取り替えて写真を撮りながらゆるゆると進む。

8.jpg
【夕陽に照らされてススキの穂が輝き,揺れていた】

見晴に着いたのは午後3時。見晴地区の山小屋で開いているのは檜枝岐小屋と燧小屋のみ。他の山小屋はすっかり冬囲いをして人の気配もない。シーズンオフ間近の檜枝岐小屋の前のベンチに座り,秋の午後の寂しく,気怠い時間をぼんやりと過ごす。紅葉はまだまだ見頃なのになぁ・・・。途中で空撮をしたりしながら今日の宿泊先・龍宮小屋に向かう。

9.jpg
【夕暮れ迫る中田代・・・】

小屋では,JUNさん,花見さん夫妻,たもあみさん夫妻,多羅尾さんなど多くの尾瀬仲間に再会した。夜になると小屋主さんや見晴にテン泊しているてばまるさんも加わり,ミニオフ会になった。いつもの賑やかなシーズン中の尾瀬に戻った感じだ。消灯時間近くになるまで,みんなの尾瀬談義で話が弾み楽しい時間を過ごした。

10.jpg
【「秋は夕暮れ」の言葉がぴったり。いくら見ていても飽きません。】
nice!(12)  コメント(0) 

夏がきた【1】 [尾瀬沼]

02.jpg

 雪が溶けたら尾瀬に向かおう,こんな写真を撮りたいという思いばかりが先行するが,なかなか思うような天候にならない。ドローンでの撮影を考えると晴れて欲しい。貴重な晴れの日は生憎の出勤日と重なるなど思うようにいかない。そして待ちに待った梅雨明け,いつの間にか2カ月が過ぎ去った。やはり,雨でも行くべきだったな・・・。

10.jpg
【ドローンで上空から見た大江湿原のパノラマ画像。空撮許可取得済みです。】

 御池に着いたのは家を出てから3時間後。9時発のシャトルバスに飛び乗ると車内は平日だというのに多くの乗客で溢れていた。バスは今年から登場した電気(EV)バス。モーター音がするだけの静かな車内には大きめのモニタがあり,尾瀬の見所やEVバスのプロモーションビデオが流されていた。

11.jpg

12.jpg
【青い空に真っ白な雲。そしてニッコウキスゲ・・・ ついに夏ですね】

 久しぶりに背負う荷物がずっしりと肩に食い込む。ゴゼンタチバナやギンリョウソウの出迎えを受け,季節の移ろいを改めて思う。沼山峠展望台からドローンを飛ばす。ニッコウキスゲの見頃は既に過ぎてはいたが,梅雨明けが遅れ低温の日が続いたこと,シカ柵の対策が功を奏したこと,豊作であったこと等の条件が重なり,見れる状態が長続きしているようだが,上空からはほとんど確認できなかった。

13.jpg
【日差しを遮るもののない湿原を歩いていると木陰が恋しくなります。】

14.jpg
【誰が食べたの???】

 大江湿原のニッコウキスゲの群落は徐々に回復傾向にあるようだ。大江川西岸はシカによる食害の影響で,ほどんど花が見られなくなっていたが,今年はポツポツとキスゲの黄色い花が見られた。以前のような大江湿原一面を埋め尽くすニッコウキスゲの群落を目のあたりにするのもそう遠くない日であると信じたい。

15.jpg
【ヤナギランも先始まりました。もう既に晩夏の様相?】

 長蔵小屋の宿泊者は少なく個室となった。ただ目の前のビジターセンター工事のためのむき出しの鉄骨が雰囲気をぶちこわしていた。

16.jpg
【コオニユリ。ちょうど見頃であちこちで咲いていました。】

 夕焼けの撮影も望み薄だったので,部屋でのんびりと過ごしていたが,外の異様な雰囲気に慌ててカメラを持って外に飛び出す。空全体が雲に覆われているのに何故か一面の雲がオレンジ色に染まり,その色を映して周りの森も湿原も・・・目の前の全てが不思議なオレンジ色に染まっている。未だ嘗て見たことがない感動的な光景だった。

17.jpg
【マスタケ。食べない方が良いようです。】
nice!(14)  コメント(2) 

真夏の尾瀬縦断【3】 [尾瀬沼]

DJI_0545_0416.jpg

日に日に天候が安定してきている。日中もずっと晴れたままだ。
こうなると尾瀬ヶ原の白虹が気になる。無い物ねだりしても仕方がないが,尾瀬沼はほとんど白虹は期待できない。
たまに尾瀬沼の白虹写真を見かけるが,それこそ,オコジョを見るくらい貴重な体験なのだ。
この日の朝も早々に白虹を諦めた。風があって朝霧さえ漂っていない。

DJI_0538_0333.jpg
【↑↑↑↑↑ 夜明け前の尾瀬沼 ↑↑↑↑↑】

DJI_0541_0203.jpg
【↑↑↑↑↑ 朝陽を浴びる三本カラマツ ↑↑↑↑↑】

少し早めに起きたが,そんなこともあり月明かりの尾瀬沼周辺と星の撮影を試みた。
そして,徐々に星は消え,空の明るさが戻ってくる。
さらに,朝陽を浴びた周囲の山々を撮りたくてドローンを飛ばした。
頭の中ではこういう映像が撮りたいとは思うのだが,なかなかドローンが言うことを聞いてくれない。
悪戦苦闘するうち,朝食時間となったので小屋に戻る。相変わらず早いほうとは言えないので急いで食事を済ませる。

DJI_0546.jpg
【↑↑↑↑↑ 浅湖湿原の朝の様子 ↑↑↑↑↑】

DJI_0549_0200.jpg
【↑↑↑↑↑ 尾瀬沼東岸の様子 ↑↑↑↑↑】

今日は下山するだけなので,久しぶりに尾瀬沼でのんびりした。
あっちこっちフラフラしながら早稲の砂布(わせのすなっぷう)付近でもじっくり腰を下ろして撮影タイム。
今日は土曜日。流石に好天の夏休みの週末とあって,行き来する人も急激に増えた。

DJI_0553.jpg
【↑↑↑↑↑ 尾瀬の三大役者揃い踏み ↑↑↑↑↑】

DJI_0556.jpg
【↑↑↑↑↑ 尾瀬沼の中心で何を叫ぶ? ↑↑↑↑↑】

森が強烈な日差しから守ってくれる。冷たそうな沢の水音や小鳥のさえずりに交じって,
時折強く吹く風に吹かれた木の葉が擦れ合い涼しげな音を奏でる。
こんな,天国のような場所から徐々に茹だるような灼熱地獄の現実に引き戻されていく。
この3日間はこんな素敵な場所で素晴らしい景色に巡り会うことができ夢のような時間を過ごすことができた。
DSC09628.jpg
【↑↑↑↑↑ 早くも咲き出したヤナギラン ↑↑↑↑↑】

DSC09634.jpg
【↑↑↑↑↑ ヤマトリカブト ↑↑↑↑↑】

DSC09647.jpg
【↑↑↑↑↑ ジョウシュウトリカブト ↑↑↑↑↑】
nice!(18)  コメント(2) 

新緑眩い尾瀬を翔る【3】 [尾瀬沼]

先週,尾瀬沼~尾瀬ヶ原を縦断して新緑の尾瀬と滝を空撮してきました。
その動画をFull HD画質でまとめました。長いので尾瀬沼編と尾瀬ヶ原編に分けたいと思います。
今回は「尾瀬沼編」です。湿原に落ちる雲の影の流れが面白いです。
また,360°パノラマをアップしましたので,是非全画面表示でご覧ください。
【ドローンで空撮するに当たっては,関係各所に許認可を頂いた上で撮影しております。】


【沼山峠から今はほとんど眺望が得られなくなったのでドロ-ンで是非見たいと思ってました】

新緑眩しい尾瀬・大江湿原上空からRICOH THETA


【燧ヶ岳の雲も取れ,すっきりと晴れ上がりました】
nice!(11)  コメント(0) 

新緑眩い尾瀬を翔る【1】 [尾瀬沼]

1.jpg
【ドローンで撮影するにあたっては,関係各所で許認可を頂いてから撮影をしております。】

[HPに流用できるように「日記」形式でまとめました]
5月20日(晴れ)
 今年の尾瀬は,例年よりも雪が少なかった影響で,季節の移ろいも2週間ほど早い。天気もまずまずだし,ミズバショウも見頃なので急遽出かけた。

7.jpg
【御池までの道沿いはタムシバがたくさん咲いていた】

 ミズバショウのハイシーズンの週末はいつもなら混雑必至。しかし,今年は花の時期が前倒しされたことでツアー客の募集が追いつかなかったのだろう。尾瀬は今,閑散期。山小屋だってまだ開けていないところもあるくらいだ。ゆっくり花を愛でながら,暖かくなった尾瀬を散策するには絶好の条件が揃った。コースは,沼山峠から尾瀬沼経由で白砂峠を越え,尾瀬ヶ原に出て龍宮小屋1泊,御池に抜ける予定だ。そこで,ミズバショウとトガクシショウマを見て,2つの滝の上空からの撮影を試みたい・・・。

 御池には9時に着いたが,途中で一瞬顔を出した会津駒ヶ岳や燧ヶ岳の中腹以上は樹氷や積雪で真っ白になっていた。昨晩は尾瀬沼でも2~3cmの積雪があったそうだ。もう少し早めに入山していれば,新緑と新雪のコラボが見れたのに惜しいことをした。

2.jpg
【沼尻湿原の池塘も雪融け水が溢れる】

 10人程度の乗客とともにバスに揺られて沼山峠へ。雪が完全に消える前に沼山峠展望台に着きたいと思い先を急ぐ。ここでまず最初の空撮。数十年前,この峠から俯瞰した大江湿原と尾瀬沼の写真を見た。オオシラビソが今よりもずっと小さく良い眺めが得られたのだが,今では尾瀬沼と三本カラマツが僅かに見える程度だ。木を切ってくれるとは思えないし,叶わない夢となっていたが,ドローンでちょっと高度を上げればそれも可能だ。雪は完全に消えていたが,昔ながらの光景を目にすることができた喜びは大きかった。

3.jpg
【すっかり雪も消え,新緑が徐々に尾瀬を覆っていく】

 大江湿原に出て歩いているうちに,雲に隠れていた燧ヶ岳も顔を出し,空一面の青空が広がった。湿原を吹き抜ける風や周囲の森に響き渡るカッコウの啼く声も心地よい。正に春を実感する瞬間である。長蔵小屋前の冷たい長命水をたっぷり補給して,尾瀬ヶ原に向かう。ビジターセンターの工事は相変わらずはかどっていない・・・

4.jpg
【ブナの新緑が初夏の日差しを受けて,眩く輝く】

 沼尻につくとまだ営業は始まってはいなかったが,その傍で数人が休んでいた。しかし,そのテラスは中央付近で「く」の字に曲がっていた。雪の重みで曲がったのだろう・・・このままで予定通り営業を始められるのか?心配な状況だ。
 このコースにあんなにあった雪もほとんど消え,白砂峠付近に僅かに残るのみでとても歩きやすく,写真を撮りながら歩いてもほぼコースタイム通り。尾瀬ヶ原に着く頃には午後の日差しが新緑を照らしていた。日曜日の午後,行き交う人もほとんどいない・・・。贅沢な時間を過ごす。

5.jpg
【午後の尾瀬ヶ原もほとんど萌葱色に染まっていた】

 龍宮小屋に荷物を置いて食事前に長沢に向かう。ミズバショウは前回よりも花も群落も大きくなり,見応えがあった。たぶん龍宮小屋の宿泊客であろう数人がここに集まり,食事前の撮影を楽しんでいた。すると,たもあみさん夫妻を発見。昨年の取材の時以来だ・・・。

6.jpg
【午後の日差しを受けて,雪融け水がキラキラと光り,輝く】

沼山峠~長蔵小屋~沼尻~白砂峠~見晴~竜宮小屋(31,436歩)
【2日目に続く】
nice!(10)  コメント(0) 

初尾瀬は,ドローンとともに・・・【3】 [尾瀬沼]



尾瀬沼で撮影した動画を編集しました。
4Kで撮ったものをFull HDに落として編集しています。
【ドローンで撮影するに当たっては,関係各所に許認可を頂いた上で撮影しております。】

nice!(9)  コメント(2) 

初尾瀬は,ドローンとともに・・・【2】 [尾瀬沼]

415A0760.jpg
【2晩とも,普段では有り得ない一晩中星空が見える完璧な天体観測日よりだった・・・】
【ドローンで撮影するに当たっては,関係各所に許認可を頂いた上で撮影しております。】

 登山者は皆無の尾瀬沼。それでも開所準備で長蔵小屋やヒュッテ,ビジターセンター共々少ないながらも人が入っているため,残念だが漆黒の星空を堪能することはできない。それでも,長時間雲一つ無い完璧な星空の広がる日にのんびり寝ている訳にはいかない・・・。月齢4の月が沈んだ頃,カメラを持ってANNEXの頼りない階段を慎重に降りる。定番ポイントに向かうと長蔵小屋の明かりが煌々とついている。こんな時間に一体何をしているんだろう?

DSC08473.jpg
【朝晩はかなり冷え込み前日ゆるゆるに溶けていた雪原も尾瀬沼も急激に凍る】

 この明かりが気になり,その後,大江湿原に移動して昇ってきた天の川や蠍座を入れ,約1時間程度星景写真を撮った後,体も冷えてきたので一旦ANNEXに戻る。
 ANNEXの中は相変わらず真っ暗だ。外より暗い。一休みして,再度沼のほとりに向かう。昨日は溶けてゆるゆるだった雪も締まって歩きやすい。水面の見えていた尾瀬沼も再結氷し,不思議な模様を作っていた。そんなシーズン前の尾瀬沼の様子をカメラに収めてから,尾瀬ヶ原に向かった。

DSC08492.jpg
【あちこちの小川から雪融け水が流れ込み尾瀬沼は加速度的に溶けている】

 途中でドローンによる空撮を行い,沼尻に向かう。以前なら目の前に見える沼尻休憩所めがけて一直線に歩いたこともあったけれど,最近は周辺部を怖々と歩く程度だ。それでも,所々ショートカットして少しは時間を短縮できた。でも,GW末には尾瀬沼の上を歩くことはもちろん,尾瀬沼の上の雪を見ることさえ厳しいかも知れない。それくらい雪融けは急速に進んでいた。

DSC08494.jpg
【燧ヶ岳に残った雪も今年はどのくらいもつのだろう・・・】

 その後,段小屋坂を経由して尾瀬ヶ原に向かう。時間とともに気温がどんどん上昇し焼けるように暑くなってきたので,森林の中を歩くのは心地よかった。また,夏には段差のあった石ころだらけの道も雪に覆われ寧ろ歩きやすい。だが,尾瀬ヶ原が近づくにつれ,雪が溶け木道が現れたり,夏道が出てきたりして何度も踏み抜いてしまう。踏み抜きに注意しながらあちこちにつけられた赤いテープを見落とさないように歩くと目の前に見晴の山小屋群が見えてきた。

DJI_0090_mov0025.jpg
【至仏山や富士山までもが完璧に見えるほどの良い天気でした】

 このまま一気に龍宮小屋へ。小屋の前でアイゼンを外していると,部屋の窓から尾瀬仲間が声をかけてくれた。
いつもの尾瀬仲間の他にもかおるさんや桐生さんも姿を見せていた。小屋には次々に人が行き交いいつもの賑わいを見せていた。物寂しい尾瀬沼とは天と地ほどの違いだ。ゆっくり風呂に入って暖かい食事をいただいた後は,ロビーで尾瀬仲間のミニオフとなった。最後は龍宮小屋にJUNさんが寄贈した天体望遠鏡の「ファーストライト」もあり,ちょっとだけ天体望遠鏡を覗かせていただいた。その後,部屋に戻り横になると,寝不足と疲れからそのまま明け方まで爆睡した。

DJI_0109.jpg
【日中は夏日となり,残雪は急激に溶け出し,朝と夕方ではその姿を変える】
nice!(10)  コメント(0) 

初尾瀬は,ドローンとともに・・・【1】 [尾瀬沼]

DSC08453.jpg
【ドローンで撮影するにあたり,関係各所への許認可を頂き撮影しております。】
 昨年から取り組んでいるのがドロ-ンによる尾瀬の撮影である。
前回購入した機体に,やや物足りなさを感じていた所に,新製品が発表され思わずポチってしまった。多少の練習と関係各所へ事前申請を済ませ,満を持して尾瀬のシーズンを待った。例年初尾瀬はGW頃だが,今年は事情が違う。どうもGWに沼開けした2年前同様,異常なスピードで春が通り過ぎようとしていた。残雪の尾瀬を見るなら10日は早く行きたい・・・。

387cb590d178e9bd-photo.jpg
【4月20日とは思えない光景・・・】

 天候も季節を先取りし,五月晴れを思わせる予報が週末に並んだ。尾瀬入りするという仲間よりも一日早く尾瀬沼に入り,皆の待つ尾瀬ヶ原に抜ける計画だ。事前情報では,相当雪融けは進んでいるようだ。案の定,大清水には全く雪もない。止まっている車は10台程度。
 道路には全く雪はないが,体力は落ちる一方なのに年々担ぎ上げるものは増えるばかりで,出だしからスローペース。一ノ瀬が近づくと道路にも雪が現れる。さらに岩清水に向かう階段や木道は,雪が薄く落とし穴状態になっていて危険極まりない。ジリジリと背後から容赦なく照りつける日差しと,雪面からの照り返しに汗だくになりながら十二曲がりを登り切る。三平峠から尾瀬沼を見下ろす場所で大休止。ここで今年の尾瀬初フライト・・・。

DSC08441.jpg
【一ノ瀬への道路脇にはキクザキイチゲも咲いていました】

 その後,尾瀬沼東岸へ向かう。山小屋が営業していないせいか,行き交う登山者は数える程度で物寂しく,間もなくオープンする山小屋の開所準備の音に安心感を覚える。今日泊まる予定の長蔵小屋の冬季小屋ANNEXの中から何やらごそごそと音がする。先客かと思って中に入るが誰もいない・・・(゚Д゚) 無料なので贅沢は言えないが,電気も付かず,ほとんど窓がなく暗い。そしてシロアリ防止のコールタール臭・・・。

DJI_0063_mov117.jpg
【尾瀬沼の雪融けが急速に進んでいます】

 夕焼けの時間になったので,尾瀬沼に繰り出すと,ビジターセンターの開所準備に来ていたhidamariさんがやってきた。夕陽は綺麗だったが,活気のない尾瀬沼は観客も二人・・・ちょっと物寂しい感じだった。疲れからかドローンも飛ばす気になれず,ANNEXに戻りそのまま就寝となった。
(2日目に続く)

DSC08456.jpg
【尾瀬沼の夕暮れは空気が澄んでいてとてもクリスタルです】
nice!(18)  コメント(2) 

初冬の尾瀬空撮 【4】 [尾瀬沼]

初冬の尾瀬を11月上旬,空撮しました。
撮影した映像をちょっとだけ加工してみました。

【尾瀬でドローンを使用して撮影をするにあたり,航空法等の法令を遵守し,各所への許可申請を済ませた上で撮影しております。】


【尾瀬沼編】


【尾瀬ヶ原編】
nice!(13)  コメント(2) 

初冬の尾瀬空撮 【3】 [尾瀬沼]

DJI_0180.jpg

【尾瀬でドローンを使用して撮影をするにあたり,航空法等の法令を遵守し,各所への許可申請を済ませた上で撮影しております。】

寝ていても,時々ガラス戸をたたく風雪の音が気になる。まだ雪は降り続いているようだ。
外の様子を確認すると,雲の切れ間から星や月が顔を出すが,直ぐに流れる雲にかき消され,どんよりとした雪景色に戻ってしまう。
夜明けとともに,雪晴れの湿原に飛び出すつもりでいたが,そう思った通りに事は運ばない。
明るくなっても雲に覆われた空から時々雪が落ちてくる。

DSC06997.jpg

食事前の散歩を兼ねて小屋の周囲を散策する。期待した雪は,強い風に飛ばされてそれほど積もっていない。
写真はスナップ程度。その分,今年最後の山小屋の朝食をゆっくり味わうことができた。
挽き立てのドリップコーヒーの香りに談話室が満たされ,のんびりとした時間が流れる。
渋滞する前に早めに下山する花見さんを見送り,撮影機材を持って大江湿原に出る。

DSC07023.jpg

午前中に雪は止み,昼頃までには晴れるとの予報通り,9時頃には雪も止み,少しずつ雲の隙間から漏れた光が湿原を照らすようになる。
風も結構あるが,ドローンを飛ばせないほどではない。最初に飛ばすのはなかなか勇気が必要だが,意を決して最初のフライトを行う。
ここでも下から見ていたのでは分からない大江川の流れ,上空からの見た三本カラマツ・・・モニタに映される新鮮な映像に心躍る。
久しぶりに味わう撮影していてワクワクするこの感覚。

DJI_0137.jpg

まだ,機器は思うように動いてくれないが思うようにコントロールできるようになれば,今まで見たこともない視点から,木道からでは決して見れない画像を次々に見せてくれるようになるだろう。
最近何かと話題になり議論を巻き起こすドローンだが,風景写真の分野においても革新をもたらすに違いない。

予報通り,昼頃になると新雪に覆われた真っ白な燧ヶ岳の山頂がやっと姿を現した。
残念ながら気温も高くなり,湿原や木道を覆っていた僅かばかりあった新雪は,その頃までにはかなり溶け,初冬の雰囲気は薄らいでいた。

100_0200_2.jpg

途中,hidamariさんやozebakaさんとの再会も果たし,長蔵小屋で昼食をとってから下山した。
三平峠を越え,高度を下げるにつれて,徐々に季節は戻り,大清水付近はまだ晩秋の装いだ。
最後の白い尾瀬も見れたし,これで,今年の尾瀬の撮影も一段落だ。
今年もいろいろな光景を見せてくれた尾瀬に感謝をして一年の締めくくりとしたい。

DSC07034.jpg
nice!(12)  コメント(4)